結婚指輪のカラーゴールドの種類

結婚指輪を探す時、サイズの次にデザインや色で迷ってしまうものです。買ったあとで後悔しないように選ぶには、指輪の色の違いについても知っておいてください。上品さのある色や、華やかでゴージャスな色、可愛らしい色など、ゴールドの中でも輝き方がそれぞれ違うので、相手の方の雰囲気に合う色を選べるように、あまり知れ渡っていないゴールドの種類について紹介していきます。

ホワイトゴールド

シンプルで軽めの印象を与える色です。ホワイトゴールドは、金に銀やパラジウムという白い金属を混ぜて白色に見えるようにしてあります。仕上げにロジウムコーティングというコーティングをすることによって、とても綺麗な銀色の輝きになっています。色味は私生活でも気軽に付けて馴染みやすい色です。結婚指輪のレアなカラーゴールドの中でも、シャンパンゴールドやローズゴールド、ピンクゴールドなどと同じく、使いやすい色で特別感もあります。よく目にする色ではなく少し変わった輝きが欲しい、どんな服を着ても合わせやすい色がいいという方にオススメです。プラチナと比べて落ち着いたグレーに近い色で白い手に馴染みやすいです。

ブラックゴールド

クールで強くかっこ良い印象を与える色です。ブラックゴールドは、金にパラジウムやプラチナ、銀を混ぜて作られており、指輪をすると少し独特なイメージになります。上品な色合いのため、男性だけでなく大人の女性や尊敬できる女性にも渡される方がいます。落ち着いた雰囲気のカップルにオススメの色です。結婚指輪で黒を選ぶのはなかなか珍しいと思うかもしれませんが、数あるカラーゴールドの中でもシャンパンゴールドやローズゴールド、ピンクゴールドとは全く違うかっこ良さがあります。大人の魅力を引き出す力のある色で、正義感の強い方や責任感のある方に合う色味です。ブラックゴールドはスタイリッシュな形を目立たせ、重量感があるので同時に高級感もあります。キラキラしたゴールド色よりも、クールで何度見ても飽きない色が良いという方にマッチすることでしょう。

グリーンゴールド

薄緑がかった珍しい色です。純金に銀を混ぜることで作られています。ピンクゴールドやローズゴールド、シャンパンゴールドなどの人気のある色に比べてレアなので、人と違った雰囲気のオシャレな服が好きな方にオススメです。また、なかなか人と被ることがないので、2人だけのオリジナル感もあります。結婚指輪は人と違う個性的な思いを込めたい!という方や、仕事柄外す方が飾ってもオシャレな指輪がいい!という方にオススメです。また使えば使うほど味のあるカラーゴールドなので、長年使い続けるととても深みのある光沢になります。

オレンジゴールド

純度を保ちながら銅を混ぜることによって作られます。シャンパンゴールドやローズゴールド、ピンクゴールドとはまた違う明るさで太陽に近い色をしており、とても暖かみのある色です。そのため暖かい家庭を築きたいという思いを込めて買われる方もいらっしゃいます。オレンジゴールドの光沢は優しい印象があるので、穏やかな雰囲気のカップルにオススメなカラーゴールドです。イエローゴールドに似ていそうですが、意外と見るとレアな色なので、他と違う特別感のある結婚指輪になることでしょう。これからの未来の家庭に込める意思表明として、結婚式で指輪の色について紹介するのも盛り上がるかもしれません。

サクラゴールド

ピンク系の色が好きで、でもよく耳にするピンクゴールドより特別感が欲しいという方にオススメです。ピンクゴールドに赤みを少し濃くしたものなので、ピンクゴールドやローズゴールド、シャンパンゴールドとはまた別の、上品な光沢があります。可愛らしい方、情熱的な方、面白いよく笑う方などに似合うことでしょう。3月や4月に誕生日の方や、春に結婚式を挙げられる方など、いつまでも当初に込めた気持ちを忘れず過ごすことができ、個性的な特別色で人気です。これからの人生に新たな気持ちで花を咲かせたいという方、サクラゴールドという色の指輪に思いを込めることができる、こんなカラーゴールドも素敵です。特に春に結婚される方は、この結婚指輪をしていれば結婚記念日を忘れることはないでしょう。

お相手に一番似合うカラーゴールドを

結婚指輪で初めてゴールドにこんなにも種類があることを知ったという方も多いことでしょう。結婚指輪がその人の身体の一部となるのです。その人の事をよく考える1番良い機会でもあります。人気色からレア色を知って、一番似合う色を見つけられると素敵です。一生残る大切なものなので、この記事を参考に色の選択肢の幅を広げてみてください。

投稿者:pixymoon 投稿日時:

エタニティリングを結婚指輪にしてもいいの?結婚指輪の選ぶポイントをご紹介

エタニティリングとは指輪のアーム部分に、ダイヤモンドを敷きつめたデザインの指輪です。ただ、カジュアルな印象があるということもあってエタニティリングを結婚指輪に選んでもOKなのか気になる方も多いことでしょう。結婚指輪としてエタニティリングを選んでも大丈夫なのか、また選ぶ際の注意点などをまとめてみました。

永遠の愛を意味する指輪

結論からお話しすると、エタニティリングはエターナル、つまり永遠をイメージさせる名前がついていて、永遠の愛を誓う結婚指輪として、エタニティリングはピッタリと言えるでしょう。結婚指輪は婚約指輪とは違い、ダイヤモンドなどの石を装飾しないデザインが以前の主流でしたが、近年はエタニティリングを選ぶ方も増えています。

エタニティリングには指輪のアーム部分全周にダイヤモンドが敷き詰められたフルエタニティと、半周だけに装飾されたハーフエタニティの2種類があります。

華やかなデザインが魅力

エタニティリングはダイヤモンドを、隙間なく敷き詰めているデザインなので見た目がとても華やかです。1粒だけ石を装飾したデザインの指輪とは異なり、どの方向から見てもダイヤモンドがキラキラと輝きます。1つ1つのダイヤモンドは小さいですが、それが指輪のアーム部分に連なっていることで、シンプルなデザインながら目を引く結婚指輪となっています。

1粒の大きなダイヤモンドをデザインした指輪も素敵ですが、予算的に購入するのが難しいというケースでもエタニティリングであれば大きい1粒ダイヤモンドにも負けない華やかな結婚指輪となるでしょう。

意外と日常使いしやすいのもポイント

ダイヤモンドをあしらった結婚指輪はフォーマルなイメージがあり、身に着ける機会が少ないのではと感じる方もいるかもしれません。エタニティリングの場合、意外と日常使いしやすく毎日でも身に着けることが可能です。アーム部分に装飾されたダイヤモンド1粒1粒は、さほど大きくはないのでカジュアルなファッションにも合いやすいです。また、他のカジュアルリングとも重ね付けしやすいデザインなので、様々なシーンでエタニティリングの結婚指輪は楽しむことができるでしょう。

さらに、装飾した石にあまり高さがないのでタオルや服に指輪が引っかかりにくいという点も、エタニティリングが日常使いしやすいデザインと言われている理由の1つです。

サイズ直しが難しい点には注意が必要

見た目も華やかでなおかつ日常使いしやすいエタニティリングですが、結婚指輪として選ぶ際に注意しておきたいポイントもあります。結婚指輪は年齢を重ねても身に着けるものです。加齢などによって指輪のサイズが合わなくなり、サイズ直しをしなければいけない必要が出てくるかもしれません。

エタニティリングの場合、指輪のアーム部分にダイヤモンドが敷き詰められているので、デザインによってはサイズ直しが難しいケースもあります。特にアーム部分全周にダイヤモンドを敷き詰めたフルエタニティは、サイズ直しができないことが多いので注意が必要です。もし、サイズ直しをする可能性を考えるなら、アームの半周にだけダイヤモンドを装飾したハーフエタニティを検討してみましょう。ハーフエタニティのデザインによっては、サイズ直しがOKということもあります。

メンテナンスが必要な場合もある

エタニティリングは地金部分が少ないデザインです。地金部分が少ないということはその分、指輪の強度も低下すると言えます。また、日本で結婚指輪に使われるマテリアルはプラチナやゴールドがほとんどです。特に多いプラチナは他のマテリアルと比較すると柔らかく、何かの衝撃で歪みが生じる可能性があります。

エタニティリングだと場合によって、指輪が歪みダイヤモンドが取れてしまうリスクがある点も注意ポイントです。万が一、ダイヤモンドが取れてしまった場合を考え、メンテナンスが充実しているジュエリーショップで購入することを検討してみると良いでしょう。

また、ダイヤモンドとダイヤモンドの細かい隙間に皮脂などの汚れが溜まりやすいデザインです。定期的に自分で洗浄する、汚れが酷い場合はジュエリーショップでのクリーニングを行うことで、ダイヤモンドの美しい輝きをキープできます。

エタニティリングの魅力と注意点を考慮して選ぼう

エタニティリングは見た目が華やかで、結婚指輪として人気のデザインとなっています。華やかさやゴージャスさがありつつ、日常使いしやすいのも人気のポイントです。ただデザイン上、サイズ直しが難しいのでその点は注意が必要です。また指輪のアーム部分に装飾されたダイヤモンドが落ちたり、汚れが溜まりやすいのでメンテナンスをする必要があることも考えて、エタニティリングを結婚指輪にするかどうかを選ぶと良いでしょう。

投稿者:pixymoon 投稿日時:

【理想の結婚指輪】リング幅のポイントを押さえよう

結婚指輪を選ぶ時に、素材やデザインと同じくらい大切なのが、リングの「幅」です。幅の違いは指輪の印象から着け心地までを左右する重要なポイントとなります。そこで、指輪の幅による印象の違いや着け心地を紹介します。それぞれのメリット・デメリットをしっかり押さえて、年齢を重ねても付けられる後悔のない結婚指輪を選択しましょう。

結婚指輪で検討される一般的な幅

指輪には華奢な印象の細身のものから、がっちりとした印象の幅広のものまであり、いざ選ぶときにどれが良いのか悩んでしまいます。そこで、男性・女性それぞれが一般的に検討する太さはどれくらいなのか見ていきましょう。

女性

女性の結婚指輪として一般的に検討される幅は2.0mm~3.0mmです。これはファッションリングよりも少し太めの幅で、耐久性・女性らしい繊細さを兼ね備えたサイズとして人気となっています。

男性

男性の結婚指輪としては女性のものに対し少し太めの3.0mm~3.5mmが好まれています。男性は手が大きいのに加えて、経験としてファッションリングをする機会が女性ほど多くないため、耐久性や扱いやすさといった面でこの太さが選ばれています。

幅による印象・着け心地の違い

【2.0mm】可憐な雰囲気

2.0mm幅はパッと見ただけでも細く華奢な指輪となります。そのため手になじみやすく繊細な印象を与え、細い指を美しく見せてくれる点が魅力です。また、重ね付けしやすく婚約指輪と共に手元を飾ることもできます。ただし、細い分耐久性は低くなります。フライパンや重いものを持って変形してしまうなんてことも。修理が難しい点や、ゴツゴツした手だとアンバランスな印象になってしまう点は押さえておきましょう。

【2.5mm】バランス良し

2.5mm幅は耐久性と上品さを兼ね備えた太さとなっています。2.0mmよりもふっくらと柔らかい印象が出ます。重ね付けをしてもきれいにまとまるので、多くの人に選ばれています。そのため他の人と被ることもあり、個性を出すのが難しいと言えます。

【3.0mm】男女問わず使える

3.0mm幅は男女問わず使えて、ペアリングなどに選ばれる太さです。程よく存在感を出せてまろやかでエレガントな印象を与えます。圧迫感もなく長時間つけられる点も人気の秘密。2.5mm幅と同様に多くの人に選ばれているため、他の人と被りやすいといった面も。

【3.5mm】ファッショナブル

3.5mm幅の特徴は何と言ってもデザインの豊富さです。ファッション性が出せる太さのため、ミル打ちなど個性を出したい人にはピッタリです。カジュアルな印象が出る一方で、指輪を付け慣れていないと違和感を感じることも。

【4.0mm】存在感

ボリューム感が出る4.0mm幅は、パッと見の存在感と重さにより「着けている」実感を感じられます。幅広だからこそ使い込まれていくほど味が出てくるのも魅力の一つ。ただし、指まわりが圧迫されているように感じるのは否めません。

【4.5mm】個性的

太さがあるため、アレンジしやすい4.5mm幅は、手の大きな男性やかっこよく指輪を付けたい女性などに選ばれています。優れた耐久性と個性を出せるゆとりが魅力な一方、重ね付けには不向きです。他の指へあたる面積も増えるため圧迫感も大きいです。

結婚指輪の幅を決めるときに注意したいポイント

これまで、幅による印象の違いを見てきました。これほど豊富な幅があることに驚いた人も多いのではないでしょうか。数ミリの幅の違いが、ガラリと手元の印象を変えてしまいますので、じっくりと検討することは欠かせません。指輪は永く着けるものだから、好みのものを選ぶことが大切です。それと同時に自分の手との相性をしっかりと見ることも忘れないでください。特に指の太さ、好みのフィット感、年齢を重ねても違和感なく着けられる幅かどうかは重要なチェックポイントです。日常生活の中で、重ね付けして結婚指輪を楽しむ予定の人は、それも考慮した太さを選択する必要も出てきます。幅によって耐久性も変わってきますので、自身の生活と照らし合わせて考えてみてください。

また、見落としがちなのが、幅によって変わってくる価格。幅が広ければ広いほど使われる金属が多くなるため価格も高くなります。指輪にもよりますが、太さが倍になると価格も倍になるなんてこともありますので、幅によって価格差があることも念頭に入れておいてください。

結婚指輪は幅で印象が変わる

結婚指輪は夫婦の絆を表すと共に、二人の歴史を刻んでいくものです。それぞれの手の形や好みによって、選ぶべき幅は変わってきます。これから形作っていく夫婦の印象を投影した最高の結婚指輪を探すためにも、ぜひ実際に指に嵌めて客観的に指輪を見るようにしてください。永く使うものだからこそ、妥協することなく納得のいく指輪を見つけましょう。

投稿者:pixymoon 投稿日時:

結婚指輪に選ぶならどの表面の形がおすすめか徹底解説します!

結婚指輪はお互いの愛のしるしとして薬指に光り続けるものですが、毎日装着し続けるとなるとデザインや使い勝手なども意識しなくてはいけません。そこでこだわってほしいのが結婚指輪の表面の形です。大きく分けて丸い甲丸型と表面の平らな平打ち型の2種類があり、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。今回は結婚指輪の表面の形について詳しく解説していきましょう。

丸い甲丸型は女性に愛されるフォルムが人気

多くの人が指輪と聞いて思い浮かべるイメージが、丸い甲丸型と言われています。丸いかまぼこのようなフォルムをしており、優しいフォルムは女性からの人気が高いようです。表面が滑らかな為、指触りも良く、毎日装着し続けるものとして最適と言えるでしょう。また、全体的に丸いフォルムの為、光が当たると指輪そのものが光り、指先を綺麗に見せてくれるのもメリットです。

そしてこの甲丸型の最大のメリットは、水仕事の邪魔にならない点と言えます。指輪のデザインにもよりますが、シンプルで細目の物が多いことから、家事をしていても邪魔に感じないでしょう。食器などに当たってしまっても、フォルムが丸いことから傷をつけることもあまりなく、気を遣わずに毎日装着し続けることができるといった点は甲丸型ならではと言えます。また、細目の物が多いとは言いましたが、太目に作ることも可能で、その場合は宝石などを埋め込むこともできます。女性寄りのフォルムではありますが、幅広いものですと男性にも違和感なく装着できるものに変化するでしょう。

ただ、この甲丸型は結婚指輪の王道と言われるようなフォルムであることから、他の人と比べて特徴があまりない点がデメリットです。自分らしさや特別感を持ちたいと考えている人は、他のフォルムを選ぶことをおすすめします。

表面の平らな平打ち型は男性に好まれるフォルム

甲丸型とは異なり平打ち型は、その名の通り表面が平らになっています。甲丸型より幅広いものが多く、ファッションリングなどにも使用されることが多いフォルムです。簡単に言うと、切断面がはっきりしているものであり、直線的なラインを描いてくれるものを平打ち型と呼んでいるのです。結婚指輪らしい指輪を好まない人にとっては、この平打ち型がシンプルで人気のフォルムになっています。

この平打ち型の最大のメリットは表面が平らなところにあります。甲丸型のように丸くないので、装飾を施すことも可能ですし、表面に宝石を入れることもできます。人とは違ったデザインで、自分たちらしさを出したいといった人に人気が高く、特に男性が選ぶ結婚指輪は甲丸型よりも平打ち型と言われるぐらい、男性の指にも似合うものが多いでしょう。また、プラチナとゴールドなどを合わせた平打ち型の中には、エッジ部分をゴールドにし、シンプルながらにもデザイン性が高いものもあります。

ただし、こちらのフォルムの場合、甲丸型よりも幅が広いので指に装着した時の違和感が多少なりともあります。毎日装着し続けるものですので、装着している感じが気になるという人は他のフォルムを選択しましょう。また、エッジ部分が指に当たるのが気になるといった人は、その部分を丸く削ることも可能ですので、ショップで相談してみることをおすすめします。

甲丸型や平打ち型以外にもフォルムは選べる

甲丸型も平打ち型もそれぞれ特徴があり、メリットやデメリットがありますが、どちらを選べばいいのか迷ってしまうという人は、その間を取った「平甲丸型」がおすすめです。直線的で幅広い部分は平打ち型なのですが、フォルム全体は甲丸型になっています。その為、優しい印象とシャープな印象どちらも併せ持ったフォルムになります。甲丸型や平打ち型の良い部分が程よくマッチし、男性女性どちらにも違和感なく装着できると人気です。また、表面にデザインを施したりすることも可能で、文字やデザインを彫ることでより一層自分たちだけの指輪を作ることもできます。

さらに特殊なフォルムに、「剣腕」があります。これは表面が三角形状になっていて独特なフォルムになっています。表面がつるんとしているものとは違い、フォルムそのものにデザイン性があり、個性的なフォルムを選びたいといった新郎新婦に人気です。また、それ以外にも多数のフォルムがありますので、自分たちが気に入るものを探してみましょう。

デザインだけではなくフォルムも重要

結婚指輪を選ぶ時、気に入ったデザインだけで選んでしまう人がいますが、実はフォルムもとても大切なのです。甲丸型や平打ち型、どちらもそれぞれにメリットがありデメリットがあります。自分たちのニーズに合っているのはどちらなのか、一度指に装着して比べてみることをおすすめします。一生に一度の大切な指輪ですから、じっくり時間をかけて気に入ったものを選びましょう。

投稿者:pixymoon 投稿日時:

太めの指輪にも効果的!内甲丸仕上げの結婚指輪

結婚指輪で「内甲丸」という言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。一般的に、仕事などで一時的に外す時間を除き、結婚指輪は常に身に着けている人が多いです。そのため、着け心地が良い指輪を選ぶことが前提になります。着け心地を良くする方法のひとつが「内甲丸」仕上げです。そこで、「内甲丸の特徴」や「内甲丸仕上げの結婚指輪を取り扱っているブランド」を紹介します。

指輪の着け心地アップに効果的!「内甲丸仕上げ」

結婚指輪は、製作時のままでは指にはめたときに内側があたってしまいます。そこで、着け心地を改善するために考案されたのが「内甲丸」仕上げというものです。これは指輪の内側部分を削り、丸くなめらかになるように加工したものを指します。むくみが出たときに指輪が食い込んでしまうのを防いだり、荷物を持った際に痛くなりにくかったりと着け心地以外にもさまざまなメリットがあります。内甲丸仕上げであれば、指の関節にも引っかかりにくく、「仕事のときだけ結婚指輪を外さなければならない人」や「指は細いのに関節が太い人」にもおすすめです。

特に、男性は結婚を機に指輪を初めて身に着けるようになった人もいるため、女性以上に着け心地の良さに注目をしたほうが良いでしょう。内甲丸仕上げの指輪はアクセサリーを普段身に着けることに慣れていない人も気軽にはめやすいのが良いところなのです。結婚指輪のなかには幅が広いタイプもありますが、そういった指輪は指に触れる面も多いので「着けている感」をより感じやすい傾向があります。内甲丸仕上げになっていれば、幅広タイプの結婚指輪の着けている感を軽減することにも効果的です。

実際に試着をすることでより着け心地が良い結婚指輪を見つけることができる

結婚指輪は内甲丸仕上げになっているものが多いですが、デザインによって着け心地がまったく違います。そのため、できれば店まで足を運び、実際に自分の指に指輪をはめて着け心地を確認するのがおすすめです。指輪をはめた状態で指を曲げ伸ばししてみたり、手を動かしたりして自分の指にぴったりと合うサイズかどうか、指輪が抜けてしまわないかをチェックしましょう。

内甲丸仕上げの指輪はなめらかなので、自分の指に合っていないものを選んでしまうと動かす度にずれる、抜け落ちる場合があるからです。試着したときの着け心地次第では、0.5号ほど小さなものを選ぶほうがそういった煩わしさを感じにくくなります。細い結婚指輪であれば、1号小さめのサイズのほうが良いケースもあるので注意しましょう。

内甲丸仕上げの結婚指輪が人気のブランド3選

内甲丸仕上げはあくまでも加工のひとつなので、さまざまなブランドで結婚指輪に取り入れています。

ケイ・ウノ

創業から40年以上、内甲丸仕上げの指輪を作り続けている国内最大級のオーダーメイドブランドです。通常、内甲丸仕上げにする場合は角を削ってなめらかにします。しかし、ケイ・ウノの場合、3割多く金属を使用することで指輪の内側に丸みをつける方法のため、まるでシルクのような着け心地であると人気です。

・住所:愛知県名古屋市千種区猫洞通3-9(本社)
・電話番号:03-5731-9107(カスタマーセンター)

TRECENTI

TRECENTIの指輪は高い技術力を持つ職人による手作りで、通常の1.5倍も多くプラチナを使用し、指輪の内側に厚みをもたせることでしっとりと吸い付くようにフィットするのが特徴です。しかも、変形にも強く、指輪に対して360度どちらの角度から負荷がかかっても歪みにくい仕上がりになっています。プラチナはイリジウムやルテニウムを配合したハードプラチナなので、変形しにくいだけではなく、金属アレルギーの人も安心して身に着けることができます。

・住所:東京都中央区銀座1-8-19 KIRARITO GINZA2F(本店)
・電話番号:03-5524-0333

Pilot Bridal

万年筆が有名なPilotの結婚指輪ブランドで、筆記用具製造の経験から得た貴金属の特殊合金技術が有名です。Pt999のウルトラハードプラチナやフレキシブルハードプラチナを自社の工場にて製造しています。内甲丸仕上げにする際には指輪の内側だけではなく、側面まで状態に合わせて機械や刃を変えて角がなく、丸みを帯びた形に仕上げるのが特徴です。一般的に、結婚指輪の内側は刻印をしたり、石を埋め込んだりするために平らに加工されることも多いですが、Pilot Bridalでは内甲丸仕上げにしながらも刻印や石の埋め込みもできます。

・住所:北海道札幌市中央区南1条西2丁目11番地(本店)
・電話番号:011-205-2576

内甲丸仕上げでいつまでも着け心地が良い結婚指輪を

結婚指輪は長く身に着けるものであり、着け心地の良さを重視して内甲丸仕上げにしたものが多く販売されています。指に触れる面に角がないようになめらかに加工され、変形しにくい点などがメリットです。しかし、自分の指に合ったものを選ばなければ指輪がずれる、抜け落ちるケースもあるので、実際に店で試着してから購入するのがおすすめです。内甲丸仕上げが得意なブランドで、結婚指輪を探してみましょう。

投稿者:pixymoon 投稿日時:

個性派カップルに人気の黒い結婚指輪

一般的に、結婚指輪といえばプラチナやゴールドが選ばれることが多いです。特に、プラチナはダイヤモンドとの相性も良く、その希少性からも高い人気を誇っています。しかし、ほかの人とは違うものを身に着けたいという個性派カップルの間では、黒い結婚指輪が人気です。この記事では、黒い結婚指輪の素材やメリット・デメリット、取り扱いブランドについて紹介します。

黒い結婚指輪の素材はどのようなものがある?

黒の結婚指輪の素材はさまざまです。どのような素材があるのかについて見てみましょう。

ブラックルテニウムによるコーティング

ブラックルテニウムなどでコーティングすることによって黒くします。こちらの方法では、年月の経過とともにコーティングが剥がれてくるため、ヴィンテージ感が出るのも魅力です。もし、剥がれた状態が嫌な場合は専門家にコーティングを再度してもらえば元通りになります。

ブラックゴールド

ブラックゴールドを使用したものも人気です。ブラックゴールドはホワイトゴールドを暗めにしたような色なので、真っ黒にはなりません。アンティークのような色味を出すことができるのが良いところです。

チタン

チタンをダイヤモンドライクコーティングという加工で黒くする方法もあります。ほかの方法と比較すると価格が高めで、高級感がある結婚指輪を作ることが可能です。

タンタル

タンタルという青みがかったダークグレーの素材で作るものもあります。タンタルは金属のなかで最も光の反射率が低く、高い硬度を持っていますが、金属そのものが黒なので色落ちをすることがありません。金属アレルギーの人も安心して身に着けることができる素材です。

黒の結婚指輪のメリット・デメリット

メリット

最大のメリットは身に着けている人が少ないため、個性を出すことができる点です。また、スタイリッシュでオシャレな黒は、男性が気軽に身に着けやすいところも良い点といえます。同じ黒い色味を持つといっても素材によって微妙な差があるので、結婚指輪を選んだり、作ったりする際に男性と女性で素材を変えるのも良いでしょう。特に、人気の素材であるタンタルは、金属アレルギーの人も安心して身に着けることができるので安心です。さらに、プラチナより高い硬度を持ち、丈夫で傷つきにくいメリットがあります。

デメリット

オシャレや個性を出す面では効果的な黒の結婚指輪ですが、「どこにでも身に着けていけるのか」といえばそれが難しい場面もあります。たとえば、ビジネスシーンで黒の結婚指輪を身に着けるのは、カジュアル過ぎる印象を与える可能性があるので控えたほうが良いケースも少なくありません。ほかにも、フェミニンな服装を好む女性にとっては身に着けにくいこともデメリットといえるでしょう。

どのようなブランドで購入できる?

神秘的な輝きを持つ黒の結婚指輪は日本だけではなく、海外ブランドでも人気が高まっています。そこで、こちらではどのようなブランドで購入ができるのかについて紹介します。

ケイ・ウノ

国内最大級のオーダーメイドジュエリーの専門店である「ケイ・ウノ」では、オリジナル加工であるブラックプラチナネオによって指輪を黒くしています。オーダーメイドなので完全にオリジナルで、しかも黒の結婚指輪となれば世界で唯一の指輪を作ることが可能です。オリジナルロゴを刻印することもできます。

ミオリング

日本の伝統技術を取り入れた和のネーミングが特徴的なブランドで、黒の結婚指輪にはブラックルテニウムのコーティングを施しています。ルテニウムはプラチナの仲間で金属アレルギーの人も安心して身に着けることが可能です。コーティングといってもブラックルテニウムは硬度が高く、剥がれ落ちにくいメリットがあります。

ティファニー

結婚指輪として人気も高いティファニーでは内側をプラチナやゴールド、表面には黒のチタンを使用しています。カジュアル過ぎないデザインなので場所を選ばない点が好評です。永久保証の定期クリーニングを利用できるため、年月がたってからお手入れに持っていくこともできます。ハイブランドであるものの、黒の結婚指輪は10万円前後から購入できるため、手が届きやすいところも魅力でしょう。

黒の神秘的な色合いを結婚指輪に

結婚指輪はプラチナやゴールドが肌に馴染みやすく、ダイヤモンドとの相性も抜群です。また、場所を問わず身に着けることができるため、人気が高くなっています。しかし、オリジナリティを出したいというカップルには、神秘的でスタイリッシュな黒の結婚指輪もおすすめです。素材によって印象が変わるため、男性と女性であえて素材を変えてみるのもひとつの方法でしょう。

投稿者:pixymoon 投稿日時:

手作り結婚指輪は本当にお得?メリットデメリットをご紹介

人気ブランドや有名ブランドの結婚指輪はそれなりのお値段がしますので、だったら自分たちで手作りしたほうがお得なのではと考える方もいらっしゃることでしょう。

確かに、手作り結婚指輪は価格が抑えられるというメリットがありますが、デメリットもありますので、その点もよく考慮する必要があります。

本記事で、手作り結婚指輪は本当にお得なのかどうかについて触れていきます。

手作り結婚指輪のメリット

手作り結婚指輪の一番のメリットは、「自分たちのオリジナルデザインの指輪が作れる」ことです。

人気ブランドの指輪だとほかの人とデザインがかぶってしまうことも多いですが、自分たちで手作りしてしまえば、その心配はありません。

世界でたった一つの指輪が欲しい方にとっては、手作り結婚指輪を選んだほうが高い満足感を得られるはずです。

また、手作り結婚指輪は、「材料を自分で自由に選べる」という利点もあります。

結婚指輪はダイアモンド、金、プラチナなどの高価な材料が用いられるため、価格も高額になりがちですが、自分たちで材料を上手に選んでいけば、低価格の指輪に仕上げることも可能となります。

手作り結婚指輪のデメリット

手作り結婚指輪のデメリットは、「デザインや材料選びの手間がかかってしまう」ことです。

デザインの打ち合わせなどで何度もお店に足を運ぶことになるので、忙しい方にとっては負担に感じてしまうかもしれません。

また、手作りの結婚指輪は、既製品と違って、「完成までに時間がかかる」というデメリットもありますので、すぐに式を挙げる予定の方は納期をしっかり確認しておいたほうが良いでしょう。

手作り結婚指輪は、既製品よりも安く作れると思われがちですが、デザインや材料の選び方によっては、かえって高くついてしまうこともあるので注意が必要です。

また、希少価値の高い材料をふんだんに取り入れると、ハイブランドの指輪並みの値段になってしまうこともあるかもしれません。

一生モノとなる指輪なので後悔しないように選ぼう!

このように、手作り結婚指輪には、良いところと悪いところがありますが、自分たちのオリジナル指輪が手に入るのが何よりの魅力です。

手作り品、既製品のどちらの結婚指輪を選ぶにしても、一生大切していくものですので、ショップ選びは慎重に行いたいところです。

大阪など都会にはオリジナルデザインに対応してくれる優良なショップが多いので、いろいろと見て回って、相談してみると良いでしょう。

投稿者:pixymoon 投稿日時:

結婚指輪の人気ブランド

結婚指輪のブランドには世界で人気のブランドが沢山あります。

ブランドによって様々な特徴があり好みによって世界中の人々に選ばれています。人気のブランドはどのような物があるのか調べました。

ティファニー

アメリカで創業されたブランド。現在はフランスのLVMHグループに属しています。日本ではオープンハートのネックレスがとても人気になりました。シンプルながら女性心をくすぐる可愛らしいデザインが人気です。

カルティエ

フランスの高級宝石ブランドです。1847年にフランス人の宝石職人によって設立されました。シンプルな3色の甲丸リングが一つに重なったトリニティリングや、貞操帯のネジの模様をモチーフにしたLOVEリングなどが有名です。

ブルガリ

イタリアのローマで創業されました。フランスのLVMHグループに属しています。宝飾品以外にも腕時計や香水やバックなど幅広くアイテムがあります。指輪ではB-ZERO1シリーズが有名です。

ハリー・ウィンストン

アメリカのニューヨーク5番街で創業されました。クオリティに拘ったダイヤモンドで世界的に有名なブランドです。ダイヤモンドの品質や価値に拘った高級宝飾ブランドです。

ヴァンクリーフ&アーペル

フランスのパリに本店を置く世界5大宝飾店の一つです。愛をモチーフにしたブランドということもありハイクラスなジュエリーブランドながら可愛らしさが女性に人気のブランドです。

ショーメ

1780年にフランスのパリで創業されました。ナポレオン皇帝に愛されたヨーロッパ屈指のブランドです。ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌのためにデザインされた王冠やナポレオンが権力の象徴としてもちいたミツバチのハニカム構造のデザインが有名です。

ブシュロン

1858年にフランスのパリで創業されました。パリのヴァンドーム広場の風景をモチーフにしたデザインが有名で、ひし形や台形を光の輝きや石畳などがデザインとされています。

投稿者:pixymoon 投稿日時: