結婚指輪はお互いの愛のしるしとして薬指に光り続けるものですが、毎日装着し続けるとなるとデザインや使い勝手なども意識しなくてはいけません。そこでこだわってほしいのが結婚指輪の表面の形です。大きく分けて丸い甲丸型と表面の平らな平打ち型の2種類があり、それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。今回は結婚指輪の表面の形について詳しく解説していきましょう。

丸い甲丸型は女性に愛されるフォルムが人気

多くの人が指輪と聞いて思い浮かべるイメージが、丸い甲丸型と言われています。丸いかまぼこのようなフォルムをしており、優しいフォルムは女性からの人気が高いようです。表面が滑らかな為、指触りも良く、毎日装着し続けるものとして最適と言えるでしょう。また、全体的に丸いフォルムの為、光が当たると指輪そのものが光り、指先を綺麗に見せてくれるのもメリットです。

そしてこの甲丸型の最大のメリットは、水仕事の邪魔にならない点と言えます。指輪のデザインにもよりますが、シンプルで細目の物が多いことから、家事をしていても邪魔に感じないでしょう。食器などに当たってしまっても、フォルムが丸いことから傷をつけることもあまりなく、気を遣わずに毎日装着し続けることができるといった点は甲丸型ならではと言えます。また、細目の物が多いとは言いましたが、太目に作ることも可能で、その場合は宝石などを埋め込むこともできます。女性寄りのフォルムではありますが、幅広いものですと男性にも違和感なく装着できるものに変化するでしょう。

ただ、この甲丸型は結婚指輪の王道と言われるようなフォルムであることから、他の人と比べて特徴があまりない点がデメリットです。自分らしさや特別感を持ちたいと考えている人は、他のフォルムを選ぶことをおすすめします。

表面の平らな平打ち型は男性に好まれるフォルム

甲丸型とは異なり平打ち型は、その名の通り表面が平らになっています。甲丸型より幅広いものが多く、ファッションリングなどにも使用されることが多いフォルムです。簡単に言うと、切断面がはっきりしているものであり、直線的なラインを描いてくれるものを平打ち型と呼んでいるのです。結婚指輪らしい指輪を好まない人にとっては、この平打ち型がシンプルで人気のフォルムになっています。

この平打ち型の最大のメリットは表面が平らなところにあります。甲丸型のように丸くないので、装飾を施すことも可能ですし、表面に宝石を入れることもできます。人とは違ったデザインで、自分たちらしさを出したいといった人に人気が高く、特に男性が選ぶ結婚指輪は甲丸型よりも平打ち型と言われるぐらい、男性の指にも似合うものが多いでしょう。また、プラチナとゴールドなどを合わせた平打ち型の中には、エッジ部分をゴールドにし、シンプルながらにもデザイン性が高いものもあります。

ただし、こちらのフォルムの場合、甲丸型よりも幅が広いので指に装着した時の違和感が多少なりともあります。毎日装着し続けるものですので、装着している感じが気になるという人は他のフォルムを選択しましょう。また、エッジ部分が指に当たるのが気になるといった人は、その部分を丸く削ることも可能ですので、ショップで相談してみることをおすすめします。

甲丸型や平打ち型以外にもフォルムは選べる

甲丸型も平打ち型もそれぞれ特徴があり、メリットやデメリットがありますが、どちらを選べばいいのか迷ってしまうという人は、その間を取った「平甲丸型」がおすすめです。直線的で幅広い部分は平打ち型なのですが、フォルム全体は甲丸型になっています。その為、優しい印象とシャープな印象どちらも併せ持ったフォルムになります。甲丸型や平打ち型の良い部分が程よくマッチし、男性女性どちらにも違和感なく装着できると人気です。また、表面にデザインを施したりすることも可能で、文字やデザインを彫ることでより一層自分たちだけの指輪を作ることもできます。

さらに特殊なフォルムに、「剣腕」があります。これは表面が三角形状になっていて独特なフォルムになっています。表面がつるんとしているものとは違い、フォルムそのものにデザイン性があり、個性的なフォルムを選びたいといった新郎新婦に人気です。また、それ以外にも多数のフォルムがありますので、自分たちが気に入るものを探してみましょう。

デザインだけではなくフォルムも重要

結婚指輪を選ぶ時、気に入ったデザインだけで選んでしまう人がいますが、実はフォルムもとても大切なのです。甲丸型や平打ち型、どちらもそれぞれにメリットがありデメリットがあります。自分たちのニーズに合っているのはどちらなのか、一度指に装着して比べてみることをおすすめします。一生に一度の大切な指輪ですから、じっくり時間をかけて気に入ったものを選びましょう。

カテゴリー: 結婚指輪の知識