結婚指輪を選ぶ時に、素材やデザインと同じくらい大切なのが、リングの「幅」です。幅の違いは指輪の印象から着け心地までを左右する重要なポイントとなります。そこで、指輪の幅による印象の違いや着け心地を紹介します。それぞれのメリット・デメリットをしっかり押さえて、年齢を重ねても付けられる後悔のない結婚指輪を選択しましょう。

結婚指輪で検討される一般的な幅

指輪には華奢な印象の細身のものから、がっちりとした印象の幅広のものまであり、いざ選ぶときにどれが良いのか悩んでしまいます。そこで、男性・女性それぞれが一般的に検討する太さはどれくらいなのか見ていきましょう。

女性

女性の結婚指輪として一般的に検討される幅は2.0mm~3.0mmです。これはファッションリングよりも少し太めの幅で、耐久性・女性らしい繊細さを兼ね備えたサイズとして人気となっています。

男性

男性の結婚指輪としては女性のものに対し少し太めの3.0mm~3.5mmが好まれています。男性は手が大きいのに加えて、経験としてファッションリングをする機会が女性ほど多くないため、耐久性や扱いやすさといった面でこの太さが選ばれています。

幅による印象・着け心地の違い

【2.0mm】可憐な雰囲気

2.0mm幅はパッと見ただけでも細く華奢な指輪となります。そのため手になじみやすく繊細な印象を与え、細い指を美しく見せてくれる点が魅力です。また、重ね付けしやすく婚約指輪と共に手元を飾ることもできます。ただし、細い分耐久性は低くなります。フライパンや重いものを持って変形してしまうなんてことも。修理が難しい点や、ゴツゴツした手だとアンバランスな印象になってしまう点は押さえておきましょう。

【2.5mm】バランス良し

2.5mm幅は耐久性と上品さを兼ね備えた太さとなっています。2.0mmよりもふっくらと柔らかい印象が出ます。重ね付けをしてもきれいにまとまるので、多くの人に選ばれています。そのため他の人と被ることもあり、個性を出すのが難しいと言えます。

【3.0mm】男女問わず使える

3.0mm幅は男女問わず使えて、ペアリングなどに選ばれる太さです。程よく存在感を出せてまろやかでエレガントな印象を与えます。圧迫感もなく長時間つけられる点も人気の秘密。2.5mm幅と同様に多くの人に選ばれているため、他の人と被りやすいといった面も。

【3.5mm】ファッショナブル

3.5mm幅の特徴は何と言ってもデザインの豊富さです。ファッション性が出せる太さのため、ミル打ちなど個性を出したい人にはピッタリです。カジュアルな印象が出る一方で、指輪を付け慣れていないと違和感を感じることも。

【4.0mm】存在感

ボリューム感が出る4.0mm幅は、パッと見の存在感と重さにより「着けている」実感を感じられます。幅広だからこそ使い込まれていくほど味が出てくるのも魅力の一つ。ただし、指まわりが圧迫されているように感じるのは否めません。

【4.5mm】個性的

太さがあるため、アレンジしやすい4.5mm幅は、手の大きな男性やかっこよく指輪を付けたい女性などに選ばれています。優れた耐久性と個性を出せるゆとりが魅力な一方、重ね付けには不向きです。他の指へあたる面積も増えるため圧迫感も大きいです。

結婚指輪の幅を決めるときに注意したいポイント

これまで、幅による印象の違いを見てきました。これほど豊富な幅があることに驚いた人も多いのではないでしょうか。数ミリの幅の違いが、ガラリと手元の印象を変えてしまいますので、じっくりと検討することは欠かせません。指輪は永く着けるものだから、好みのものを選ぶことが大切です。それと同時に自分の手との相性をしっかりと見ることも忘れないでください。特に指の太さ、好みのフィット感、年齢を重ねても違和感なく着けられる幅かどうかは重要なチェックポイントです。日常生活の中で、重ね付けして結婚指輪を楽しむ予定の人は、それも考慮した太さを選択する必要も出てきます。幅によって耐久性も変わってきますので、自身の生活と照らし合わせて考えてみてください。

また、見落としがちなのが、幅によって変わってくる価格。幅が広ければ広いほど使われる金属が多くなるため価格も高くなります。指輪にもよりますが、太さが倍になると価格も倍になるなんてこともありますので、幅によって価格差があることも念頭に入れておいてください。

結婚指輪は幅で印象が変わる

結婚指輪は夫婦の絆を表すと共に、二人の歴史を刻んでいくものです。それぞれの手の形や好みによって、選ぶべき幅は変わってきます。これから形作っていく夫婦の印象を投影した最高の結婚指輪を探すためにも、ぜひ実際に指に嵌めて客観的に指輪を見るようにしてください。永く使うものだからこそ、妥協することなく納得のいく指輪を見つけましょう。

カテゴリー: 結婚指輪の知識