結婚指輪を探す時、サイズの次にデザインや色で迷ってしまうものです。買ったあとで後悔しないように選ぶには、指輪の色の違いについても知っておいてください。上品さのある色や、華やかでゴージャスな色、可愛らしい色など、ゴールドの中でも輝き方がそれぞれ違うので、相手の方の雰囲気に合う色を選べるように、あまり知れ渡っていないゴールドの種類について紹介していきます。

ホワイトゴールド

シンプルで軽めの印象を与える色です。ホワイトゴールドは、金に銀やパラジウムという白い金属を混ぜて白色に見えるようにしてあります。仕上げにロジウムコーティングというコーティングをすることによって、とても綺麗な銀色の輝きになっています。色味は私生活でも気軽に付けて馴染みやすい色です。結婚指輪のレアなカラーゴールドの中でも、シャンパンゴールドやローズゴールド、ピンクゴールドなどと同じく、使いやすい色で特別感もあります。よく目にする色ではなく少し変わった輝きが欲しい、どんな服を着ても合わせやすい色がいいという方にオススメです。プラチナと比べて落ち着いたグレーに近い色で白い手に馴染みやすいです。

ブラックゴールド

クールで強くかっこ良い印象を与える色です。ブラックゴールドは、金にパラジウムやプラチナ、銀を混ぜて作られており、指輪をすると少し独特なイメージになります。上品な色合いのため、男性だけでなく大人の女性や尊敬できる女性にも渡される方がいます。落ち着いた雰囲気のカップルにオススメの色です。結婚指輪で黒を選ぶのはなかなか珍しいと思うかもしれませんが、数あるカラーゴールドの中でもシャンパンゴールドやローズゴールド、ピンクゴールドとは全く違うかっこ良さがあります。大人の魅力を引き出す力のある色で、正義感の強い方や責任感のある方に合う色味です。ブラックゴールドはスタイリッシュな形を目立たせ、重量感があるので同時に高級感もあります。キラキラしたゴールド色よりも、クールで何度見ても飽きない色が良いという方にマッチすることでしょう。

グリーンゴールド

薄緑がかった珍しい色です。純金に銀を混ぜることで作られています。ピンクゴールドやローズゴールド、シャンパンゴールドなどの人気のある色に比べてレアなので、人と違った雰囲気のオシャレな服が好きな方にオススメです。また、なかなか人と被ることがないので、2人だけのオリジナル感もあります。結婚指輪は人と違う個性的な思いを込めたい!という方や、仕事柄外す方が飾ってもオシャレな指輪がいい!という方にオススメです。また使えば使うほど味のあるカラーゴールドなので、長年使い続けるととても深みのある光沢になります。

オレンジゴールド

純度を保ちながら銅を混ぜることによって作られます。シャンパンゴールドやローズゴールド、ピンクゴールドとはまた違う明るさで太陽に近い色をしており、とても暖かみのある色です。そのため暖かい家庭を築きたいという思いを込めて買われる方もいらっしゃいます。オレンジゴールドの光沢は優しい印象があるので、穏やかな雰囲気のカップルにオススメなカラーゴールドです。イエローゴールドに似ていそうですが、意外と見るとレアな色なので、他と違う特別感のある結婚指輪になることでしょう。これからの未来の家庭に込める意思表明として、結婚式で指輪の色について紹介するのも盛り上がるかもしれません。

サクラゴールド

ピンク系の色が好きで、でもよく耳にするピンクゴールドより特別感が欲しいという方にオススメです。ピンクゴールドに赤みを少し濃くしたものなので、ピンクゴールドやローズゴールド、シャンパンゴールドとはまた別の、上品な光沢があります。可愛らしい方、情熱的な方、面白いよく笑う方などに似合うことでしょう。3月や4月に誕生日の方や、春に結婚式を挙げられる方など、いつまでも当初に込めた気持ちを忘れず過ごすことができ、個性的な特別色で人気です。これからの人生に新たな気持ちで花を咲かせたいという方、サクラゴールドという色の指輪に思いを込めることができる、こんなカラーゴールドも素敵です。特に春に結婚される方は、この結婚指輪をしていれば結婚記念日を忘れることはないでしょう。

お相手に一番似合うカラーゴールドを

結婚指輪で初めてゴールドにこんなにも種類があることを知ったという方も多いことでしょう。結婚指輪がその人の身体の一部となるのです。その人の事をよく考える1番良い機会でもあります。人気色からレア色を知って、一番似合う色を見つけられると素敵です。一生残る大切なものなので、この記事を参考に色の選択肢の幅を広げてみてください。

カテゴリー: 結婚指輪の知識