二人の永遠の愛を誓う証として交換する結婚指輪ですが、普段の生活では仕事柄、指輪をつけられないという人もいます。指につけることはできなくても肌身離さず持っていたいという人にとっては、自宅に置きっぱなしというのは嫌なものです。どんな人が、仕事柄指輪を着けられないことが多いのでしょうか?また仕事の関係で指輪がNGとなっている人は、どんな方法で対策を講じているのでしょうか?

結婚指輪がつけられない職業とは?

就業規則で結婚指輪がNGとなっている職場は、意外とたくさんあります。多くの場合、安全性や衛生面が理由ですが、職場でNGになっているわけではなくても、あえて指輪はつけないという選択をする人は少なくありません。具体的に、どんな職場では指輪を着けない人が多いのでしょうか?

例えば、建築系や運送系のお仕事をしている人は、重たいものを運搬する際に指輪が当たって痛みの原因となったり、何かの拍子で指輪をどこかに引っ掛けてしまうと、怪我のリスクもあります。また、電気を使う仕事をしている人だと、金属の指輪が原因で事故や怪我が怒ってしまうかもしれません。

また、医療系や介護系に従事する人は、衛生面を考えて指輪はつけられない人が多いです。衛生面以外でも、お世話する人にうっかり怪我をさせてはいけないという理由から、就業規則で指輪NGとなっている所は多いです。その場合には、指輪を着けて出社したら、仕事の前に指輪を外すことになります。

飲食系の職場も、基本的に指輪がつけられない所が多いです。特に給食や社食など大勢の人の食事を調理する人は、うっかり指輪が落ちてしまうと大変です。そのため、衛生面及び安全性の理由から、指輪だけではなくアクセサリーは全面禁止となっている職場が多いです。

エステサロンやスポーツジムのトレイナーなども、仕事柄指輪はつけられない人が多いです。特に顧客の肌に触れる可能性があるお仕事は、顧客にうっかり怪我をさせてはいけないという理由から、指輪NGとなっているのでしょう。

人気が高いのは「ネックレスに着ける」

永遠の愛を誓う証として交換する結婚指輪ですが、長い結婚生活の中では、普段はつけないという人が少なくありません。仕事柄つけられない人はもちろんいますし、指がむくみやすいとか、サイズが合わなくなった、などの理由でつけなくなる人もたくさんいます。

指につけることはできないけれど、肌身離さず持っていたいという人は、どうしたら良いのでしょうか?

最も人気がある方法は、ネックレスとして持ち歩くという方法です。金属のネックレスチェーンや革ひもに指輪を通し、ワイシャツや制服の内側につけておけば、安全性や衛生面に関係なく身につけられます。それに、アクセサリーがNGとなっている職場でも、他人バレせずに身につけられるという点でおすすめです。

ネックレスが難しい人は、お財布やキーチェーンにつけて持ち歩くという方法もあります。ただしこの場合には、お財布を開閉した時に指輪が落ちないように注意しなければいけませんし、キーチェンはうっかり紛失しないように気を付けなければいけません。モノをなくしやすい人にはあまりおすすめできない方法ですが、モノをなくす心配がない人なら、こうした方法もアリです。

指輪を着けたいけれど仕事柄無理という人なら、休日に指輪を着けて楽しんではいかがでしょうか?仕事がある人は自宅で大切に保管して、仕事がない時には指輪を着ける人は、たくさんいます。

結婚指輪を無くさないための保管方法は?

結婚指輪をずっと指につけっぱなしにしているなら、どこに置いたか忘れてしまって困るという事態にはならないかもしれません。しかし、仕事柄つけられない人や、その日によってつけたりつけなかったりというライフスタイルの人は、なくさないために保管方法を工夫すると良いでしょう。

指輪をなくしてしまう原因の多くは、どこに置いたかを忘れてしまう理由によるものです。その日によって保管場所が変わってしまうと、なくす確率は高くなってしまいます。なくさないためには、指輪を置いておく場所を決めて、毎日必ずそこに置く習慣をつけるのがおすすめです。

また、犬や猫を飼っている家庭では、ペットがうっかり指輪を落としてしまうリスクもあります。そのため、机の上などに置きっぱなしにするのではなく、トレイ等こぼれにくいものの上に指輪を置くとか、引き出しの中で保管するなど、保管する場所を工夫すると良いでしょう。

まとめ

仕事柄、結婚指輪を着けられない人は少なくありません。指につけることは無理でも、ネックレスとして制服や服の下の見えないところで身につけることはできますし、アクセサリーが全面禁止の職場なら、お財布に入れたりキーホルダーなどにつけるという方法もアリです。指輪を着けたりつけなかったりする人は、うっかり紛失しないように、保管場所はいつも同じ場所に決めておくことをおすすめします。

カテゴリー: 結婚指輪の知識